ブログ

グラフィックボードの選び方とおすすめモデルを紹介【2024年】

グラフィックボードの選び方とおすすめモデルを紹介します。快適にゲームをプレイしたいならグラフィックボードが必須です。予算や用途に合わせて最適なモデルを選択してください。各モデルの性能や価格を把握したい方はグラフィックボード性能比較表【2024年】も参考にしていただければと思います。

グラフィックボードの選び方

予算・ゲーム環境(用途)

まずは予算を決めるのが良いと思います。予算によってグラフィックボードを絞り込むことができます。対応できるゲーム環境も決まります。将来性を考えるとハイ2以上のモデルがおすすめです。予算的には7万円以上です。予算を落としたいなら3万円~のミドルクラスが良いでしょう。

画像生成AIを考慮するならGPUメモリ容量が多い方が好ましいです。ハイ2以上のモデルがおすすめです。GeForce RTX 4090になれば最高のクリエイティブ環境が構築できます。GPUメモリ容量は24GBとコンシューマー向けモデルとしてはトップです。次に紹介しているようにクリエイティブ用途ではGeForceシリーズを選ぶのが無難です。

メーカー

次にグラフィックボードの販売メーカーも理解しておきましょう。NVIDIA製GeForceシリーズが人気です。ゲームプラットフォームのSteamにおけるシェアは78.00%と圧倒的です。レイトレーシング性能・画像生成AIでのパフォーマンスも高いです。特に画像生成AIでは頭一つ抜き出ています。

Radeonシリーズはレイトレーシング性能を重視しなければコストパフォーマンス的に有利であることが多いです。Intel Arcシリーズは2022年に発売された後発ブランドです。CPUブランドとしては確固たる地位を築いています。Arcシリーズはまだまだ発展途上です。ミドルクラス以下のモデルが中心です。ラインナップも少なく競合のGeForceやRadeonには及びません。

各グラフィックボードの性能

グラフィックボード性能・価格比較表

現在の主要グラフィックボードの性能と価格をまとめています。基本的には価格と性能は比例します。GeForce RTX 4090は他のモデルとは一線を画しています。下位モデルのGeForce RTX 4080 SUPERよりも10%強性能が高いですが、価格は70%近くも高くコストパフォーマンスはイマイチです。ゲームプレイだけで使うにはもったいないですね。画像生成AIなどクリエイティブ用途向けと言えるでしょう。レイトレーシング性能についてはNVIDIA製グラフィックボードが優勢です。Radeon RX 7000シリーズのレイトレーシング性能はNVIDIA製グラフィックボードと比べてツーランク以上落ちると考えておくと良いですね。

おすすめのグラフィックボード紹介【最新】

GeForce RTX 4070 SUPER

価格/ランク 97,280円/ハイ1
アーキテクチャ Ada Lovelace
シェーディングユニット 7168
ベース/ブーストクロック 1980Hz/ 2475MHz
VRAM GDDR6X 12GB
L2キャッシュ 48MB
L3キャッシュ -
TDP 220W
GeForce RTX 4070の上位モデルとして登場したグラフィックボードです。シェーダーコアが増えてより高いグラフィックス処理性能を持っています。メインターゲットはWQHD環境です。高リフレッシュレートでのゲームプレイも対応できます。フルHDで240Hz環境を目指すのも良いでしょう。GPUメモリもGDDR6X 12GBと容量に余裕があります。画像生成AIなどにも適しています。省電力性は高くTDPは220Wに抑えられています。

GeForce RTX 4080 SUPER

価格/ランク 168,980円/ハイエンド1
アーキテクチャ Ada Lovelace
シェーディングユニット 10240
ベース/ブーストクロック 2295MHz/ 2550MHz
VRAM GDDR6X 16GB
L2キャッシュ 64MB
L3キャッシュ -
TDP 320W
GeForce RTX 4090に次いで高いグラフィックス処理性能を持つグラフィックボードです。70番台のモデルと比べると一気に価格が上がりますが、GeForce RTX 4090よりも選びやすいです。4K環境でのゲームプレイに適しています。レイトレーシングを有効化しても十分プレイできます。DLSSを活用すれば高フレームレートも実現しやすいです。TDPは320Wとやや高いです。

GeForce RTX 4060 Ti

価格/ランク 57,800円/ミドルハイ2
アーキテクチャ Ada Lovelace
シェーディングユニット 4352
ベース/ブーストクロック 2310MHz/ 2535MHz
VRAM GDDR6 8GB
L2キャッシュ 32MB
L3キャッシュ -
TDP 160W
GeForce RTX 4060 Tiは、コストパフォーマンスの高さから人気のあるグラフィックボードとなっています。5万円台で購入できるのは魅力的です。GPUメモリ容量は8GBと今のゲーム事情を考えると控え目です。それでも性能的にそこまで問題にはなりません。同じGeForce RTX 4060 TiにGPUメモリ16GBを搭載したモデルもありますが、コストパフォーマンスが悪くおすすめしづらいです。フルHD環境でのゲームプレイに適しています。一部タイトルでは高解像度にも対応可能です。

Radeon RX 7900 XTX

価格/ランク 156,000円/ハイエンド1
アーキテクチャ RDNA 3.0
シェーディングユニット 6144
ベース/ブーストクロック 1900MHz/ 2499MHz
VRAM GDDR6 24GB
L2キャッシュ 6MB
L3キャッシュ 96MB
TDP 355W
AMDが販売するRadeon 7000シリーズのフラグシップモデルです。グラフィックス処理性能自体だけを見ればコストパフォーマンスの高いグラフィックボードとなっています。GeForce RTX 4080 SUPERと比べて4%性能ダウンに対して、8%弱安く購入できます。レイトレーシング性能は27%劣るため総合力では劣ります。GPUメモリが24GBとGeForce RTX 4080 SUPERよりも50%多いのはポジティブ要素です。

Radeon RX 7600

価格/ランク 37,800円/ミドル
アーキテクチャ RDNA 3.0
シェーディングユニット 2048
ベース/ブーストクロック 1720MHz/ 2655MHz
VRAM GDDR6 8GB
L2キャッシュ 2MB
L3キャッシュ 32MB
TDP 165W
Radeon RX 7600もコストパフォーマンスの高いグラフィックボードです。競合のGeForce RTX 4060と比べて性能が2%低いですが、価格も14%安く購入しやすいです。フルHDでのゲームプレイがメインなら候補に入ります。レイトレーシング性能についてはGeForce RTX 4060よりも35%以上低くレイトレーシングも活用したいと考えているなら避けた方が良いでしょう。

関連記事

Related Posts

Escape from Tarkovの推奨PCスペックを解説
Escape from Tarkovの推奨PCスペックを解説
Escape from Tarkovの推奨PCスペックを解説していきます。βテスト中のタイトルで今後推奨スペックが変更される可能性があります。現時点ではそこまで要求スペックが高いわけではなくプレイしやすいタイトルといえます。 Esc...
Read More
グラフィックボードとは
グラフィックボードとは
グラフィックボードとは何かについて解説します。グラボやビデオカードと呼ばれることもあります。主な役割は画像や映像の出力です。実はほとんどのCPUにGPUが搭載されていてグラフィックボードがなくてもモニター出力など最低限の機能は果たせま...
Read More
PCパーツ一覧 | ゲーミングPCの構成要素を確認
PCパーツ一覧 | ゲーミングPCの構成要素を確認
PCパーツ一覧をまとめました。このページを読めばゲーミングPC(一般的なPC含む)がどういったパーツで構成されているのかを理解できます。各パーツごとに役割や選び方についても解説していますので参考にしていただければと思います。 ゲーミン...
Read More