ブログ

GeForce GTX 1660 SUPERの性能レビュー

GeForce GTX 1660 SUPERの性能レビューを行いました。Turing世代におけるミドルクラス相当のグラフィックボードです。国内販売当時の価格は30,000円前後で抑えられた価格から人気がありました。すでに発売から4年半の月日が流れています。次世代のGeForce RTX 3050 8GB相当の性能でエントリークラスのモデルと言えるでしょう。すでに新品での販売は終了していますので、欲しい方は中古で手に入れる必要があります。中古価格も下がって来ていて購入しやすいです。

GeForce GTX 1660 SUPERのスペック

*SM=ストリーミング・マルチプロセッサー

GeForce GTX 1660 SUPER/GeForce GTX 1660 Ti/GeForce GTX 1660のGeForce GTX 16シリーズのスペックを比較しました。GeForce GTX 16シリーズはTuring世代のグラフィックボードです。GPUはどれもTU116を採用しています。製造プロセスは12nm、トランジスタ数は66億、ダイサイズは284m㎡です。上位モデルであるGeForce GTX 1660 TiではフルスペックのTU116を採用していてSM数は24で、シェーダプロセッサ数は1,536です。GeForce GTX 1660 SUPERのスペックは基本的にGeForce GTX 1660と同じです。SM数は22で、シェーダプロセッサ数は1,408となります。ベースクロック・ブーストクロック共にGeForce GTX 1660 Tiを上回っています。

GeForce GTX 1660 SUPERではメモリ周りが強化されました。GeForce GTX 1660 Tiでさえも上回ります。GDDR5メモリが上位のGDDR6へと変更されています。メモリクロックも14.0 GbpsとGeForce GTX 1660よりも73%速いです。メモリインターフェースは192 bitと共通です。メモリバス帯域幅は336.0 GB/sとGeForce GTX 1660 Tiよりも速いです。消費電力は125Wと最も高くなっています。クロック周波数の高さと強化されたメモリのためですね。実際の使用においてその差を体感することはできないでしょう。ツールなどで見れば確認できる程度です。PCIe外部電源は1×8-pinです。出力端子はDVI・HDMI・DisplayPortとオーソドックスです。MSRPはGeForce GTX 1660と比べて$+10でGeForce GTX 1660 Tiよりも-$50です。中古価格は14,980円となっています。

GeForce GTX 1660 SUPERの写真

gtx1660super-1

Zotac製「ZT-T16620G-10B」です。一般販売はされていないようです。シングルファンのシンプルなモデルとなっています。

gtx1660superback

バックプレートはありません。この性能帯だと一般的だと思います。取付時など基盤に傷つけないように注意する必要があります。

gtx1660superhojyo

補助電源は側面ではなくI/Oパネルの反対側にあります。8-pin×1です。取り回し自体は行いやすいです。

gtx1660super-io

出力端子はDVI×1、HDMI×1、DisplayPort×1となります。マルチモニターにも対応できます。

GeForce GTX 1660 SUPERに関する考察

フルHDなら快適にゲームを楽しめる

gtx1660supergame

GeForce GTX 1660 SUPERは、フルHD環境でのゲームプレイに適したモデルです。スコアは5,979と旧世代のGeForce GTX 1070に匹敵するほどです。上位モデルであるGeForce GTX 1660 Tiとの性能差は5%前後です。同性能帯には競合モデルはありません。Radeon RX 6600と比べると25%低く、Radeon RX 6500 XTと比べると20%高いです。負荷の高いタイトルでも設定を落とせばある程度対応できます。Ampere世代のGeForce RTX 3050と同等の性能を期待できます。ただし、レイトレーシング・DLSSには非対応です。Intel及びAMDがサポートしているアップスケーリング技術(XeSS/FSR)であれば使用可能です。意外と息の長いモデルで2024年初め頃までは新品で販売されていました。

推奨電源は450Wと控え目

推奨電源ユニットは450Wとそこまで高くありません。他のGeForce GTX 16シリーズと比べると消費電力は高いですが、あくまでもロークラス相当の性能を持つに留まります。ビジネスモデルへの搭載も十分可能だと思います。新しくグラフィックボードの搭載を考えている方や旧世代のグラフィックボードからのアップグレードを考えている方は要チェックです。

中古価格も落ち着いて来た

GeForce GTX 1660 SUPERの中古価格は14,980円~と落ち着いて来ています。2019年の発売時点が30,000円前後だったので、中古ならおよそ半額で購入できるということです。同等の性能を持つGeForce RTX 3050 8GBが中古でも28,000円前後で販売されています。レイトレーシング・DLSSといった機能がないとは言えGeForce GTX 1660 SUPERの割安感は突出していると言えるでしょう。状態のよいモデルも多く安心して使用できるように思います。中古ゲーミングPCでも狙い目の一つです。

タイトル別目安

フォートナイト Apex Legends

100fps以上を目指せる

60fps以上も目指せる
マイクラ FF14

Modにも対応可

最高品質でもプレイ可
パルワールド Cyberpunk2077

必要動作環境はクリア

Xess/FSRで余裕あり

GeForce GTX 1660 SUPERは現時点でエントリークラスの性能を有しています。フォートナイト・マイクラなど負荷の軽いタイトルであれば対応しやすいです。Apex LegendsやFF14も60fpsを基準にすれば問題ないと言えます。パルワールドやCyberpunk 2077などAAAタイトルに関してはやや厳しいです。特にパルワールドは最適化が進んでいないこともあってフレームレートが出づらいです。

GeForce GTX 1660 SUPERのベンチマーク一覧

Fire Strike

gtx1660super-firestrike

gtx1660super-firestrikebenchmark

Fire Strikeでのベンチマークスコアは14,754です。GeForce GTX 1060 6GBと比べて40%程度スコアが高くなっています。CPUの差が出ていることからGeForce GTX 1660 Tiとほとんど変わらないスコアが出ています。下位モデルのGeForce GTX 1650搭載モデルと比べると82%もスコアが高いです。

Time Spy

gtx1660super-timespy

gtx1660super-timespybenchmark

Time Spyでのベンチマークスコアは6,165です。GeForce GTX 1660 Ti搭載モデルとの差は100程度と僅差です。GeForce GTX 1650搭載モデルよりも70%以上スコアが高くなっています。スコア的に頼もしいですね。GeForce GTX 1060 6GBやGeForce GTX 1050 Tiからのアップグレードでも恩恵を得られます。

FF14

ff14

gtx1660super-ff14

FF14のような軽めのMMORPGならGeForce GTX 1660 SUPERでも最高品質でプレイできます。104fpsと十分なフレームレートが出ていますね。GeForce GTX 1660 Ti搭載モデルを上回っています。GeForce GTX 1650搭載モデルと比べても55%-68%程度フレームレートが高いです。GeForce GTX 1660 SUPERは今でも扱いやすいグラフィックボードだと言えそうです。

Cyberpunk 2077

cyberpunk2077

gtx1660super-cyberpunk2077benchmark

低設定でベンチマークを検証しました。Cyberpunk 2077は負荷の高いタイトルの一つです。低設定ならGeForce GTX 1660 SUPERでも78.5fpsとまずまずのフレームレートが出せます。アップスケーリング技術であるXeSSの有効化で35%以上高いフレームレートとなります。100fpsを超えていれば十分でしょう。GeForce GTX 1660 Ti搭載モデルとそこまで大きな差はありません。設定を上げたいならGeForce GTX 1660 SUPERでは力不足となります。

関連記事

Related Posts

買うならPS5とゲーミングPCのどちらがいいのか!?
買うならPS5とゲーミングPCのどちらがいいのか!?
PS5とゲーミングPCの特徴を比較してどちらがいいのかを解説していきます。ゲーミングPCを購入する前に多くの方が悩む部分ではないかと思います。結論としてはユーザー次第となります。ゲーミングPCを販売している当ショップとしてはゲーミング...
Read More
マザーボードとは
マザーボードとは
マザーボードとは何かについて解説していきます。PCケースを開けるとメカメカしい基盤が目に入ります。それがマザーボードです。パソコンの中でも物理的に最も大きいパーツと言えます。 マザーボードはPCの主回路基板 マザーボードは、様々なP...
Read More
Ryzen 5 4500の性能レビュー
Ryzen 5 4500の性能レビュー
Ryzen 5 4500の性能レビューを行いました。2022年4月に発売されたAMD製CPUです。アーキテクチャは二世代前のZen 2です。すでに三世代後に当たるRyzen 9000シリーズ(Zen 5)の登場を控えていますが、Ryz...
Read More