ブログ

GeForce GTX 1650の性能レビュー

GeForce GTX 1650の性能レビューを行いました。2019年4月に発売されたTuring世代のグラフィックボードです。ゲーミング性能はそれほど高くなく、フルHDでも設定を下げる場面が多くなります。一世代前のGeForce GTX 1060 6GB/3GBには届きませんでした。2024年4月時点でも搭載BTOパソコンが販売されています。単体の新品グラフィックボードも入手可能です。息の長いグラフィックボードとなっていますね。レイトレーシング・DLSSには非対応です。

GeForce GTX 1650のスペック

*SM=ストリーミング・マルチプロセッサー

GeForce GTX 1650は、Truing世代のエントリークラスモデルとなります。GPUコアはコンパクトなTU117を搭載しています。製造プロセス技術は12nmです。Pascal世代のグラフィックボードよりも微細化されました。トランジスタ数は47億です。ダイサイズは200m㎡です。規模的には前世代の上位モデルであるGeForce GTX 1060 6GBと同様です。GeForce GTX 1050よりも一回り大きくなりまいsた。

SM数は14基です。1基当たり64つのコアを搭載しているのでシェーダーコアは896となります。SM 1基当たりのコアが128から半減となっています。結果的にGeForce GTX 1060 6GBよりもSM数は増えていますが、シェーダープロセッサ数は30%少ないです。GeForce GTX 1050と比べると40%増えています。

GeForce GTX 1650のベースクロックは1485MHzで、ブーストクロックは1665MHzです。GeForce GTX 1050と比べてベースクロックが10%高く、ブーストクロックも15%高いです。GPUメモリはGDDR5 4GBとGeForce GTX 1050から倍増です。メモリクロックは8.0 GbpsとGeForce GTX 1050よりもはやくなっています。

メモリインターフェースは128 bitとGeForce GTX 1050から変わりなしです。メモリバス帯域幅は15%速く128.1 GB/sとなりました。GeForce GTX 1060 6GBと比べると34%遅いです。GeForce GTX 1650のTDPは75WとGeForce GTX 1050と同じです。PCIe外部電源も不要です。出力もDVI・HDMI・DiplayPortとGeForce GTX 1050と変わっていません。もちろんモデルによって多少違いがあります。

 MSRPは$40高く$149です。GeForce GTX 1060 6GBよりは$150やすいです。中古相場を見るとGeForce GTX 1650は13,980円からとなります。GeForce GTX 1060 6GBよりも5,000円高く、GForce GTX 1050よりも8,000円高いです。GeForce GTX 1650は比較的新しいグラフィックボードということもあってそこまで価格が落ちていませんね。

GeForce GTX 1650の写真

gtx1650-asus

今回レビューで使用したのはASUS製「ASUS Phoenix GeForce GTX 1650 OCエディション4GB GDDR5グラフィックスカード」です。OCモデルで通常モデルよりも少しだけクロック周波数が引き上げられています。シングルファン搭載でシンプルなデザインと言えます。2スロットタイプとなります。サイズは長さ19cm×奥行き11cm×高さ3.8cmです。

gtx1650back

バックプレートはなくコスト重視の設計となっています。

gtx1650-io

DisplaypPort 1.4×1、HDMI 2.0b×1、DualLink DVI-D×1ポート構成です。最大3画面出力に対応しています。2スロット占有です。

gtx1650-side

非常にシンプルなモデルです。

gtx1650hikaku

手元にあったPalit製「GeForce® GTX 1650 StormX」と並べてみました。ASUS製モデルの方が一回り大きいです。どちらもシングルファンとなっています。

gtx1650hikaku1

横に並べるとサイズ感がわかりやすいです。どちらも補助電源は不要です。

gtx1650hikaku2

Palit製モデルでは出力端子がHDMI 2.0b×1、DualLink×1のポート構成です。

GeForce GTX 1650に関する考察

50番台として十分な性能を有している

GeForce GTX 1650のPassMarkスコアは3,582(DDR6版は3,597)となっています。GeForce GTX 1060 6GB/3GB・Radeon RX 570・GeForce GTX 970・Radeon RX 6400当たりと同等の数値です。GeForce GTX 1060 6GBよりも15%程度低くなっています。 40fps〜60fpsでのゲームプレイが可能となります。高解像度でのゲームプレイには不向きです。従来モデルのGeForce GTX 1050よりも2倍以上スコアが高く、GeForce GTX 1050 Tiよりも54%上回っています。Pascal世代やMaxwell世代の50番台からの買い替えならメリットは大きいと思います。

派生モデルが多い

    • TU106 GDDR6 RTX 2070/RTX 2060向け

玄人志向 GF-GTX1650D6-E4GB/DF2

    • TU116 GDDR6 GTX1650SUPER/GTX1660向け

GIGABYTE GV-N1656OC-4GD Rev2.0

    • TU117 GDDR6

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6 ZT-T16520F-10L

    • TU117 GDDR5

該当なし。初期販売モデル。

実はGeForce GTX 1650は派生モデルの多いグラフィックボードです。具体的にはGPUとVRAMが異なる仕様が存在しています。オリジナルはTU117となります。TU106は元々GeForce RTX 2070/GeForce RTX 2060向け、TU116はGeForce GTX 1660/GeForce GTX 1650 SUPER向けです。記事執筆時点で手に入るのはGDDR6メモリ搭載モデルのみです。GDDR5搭載モデル以外についてはGPUが異なるもののゲーム性能自体はそこまで差があるわけではありません。安価なTU106搭載モデルは狙い目です。これから購入する予定の方はスペックよりも価格重視で選んでしまって良いと思います。

新品でも20,000円強で購入できる

GeForce GTX 1650は2024年4月時点でも新品で購入できるグラフィックボードです。中古相場が13,980円からに対して新品価格は21,980円からとなっています。次世代のGeForce RTX 3050 6GBモデルが32,980円、GeForce RTX 3050 8GBモデルが36,250円であることを考えると割安です。低コストのゲーミングPCを探している方は要チェックです。BTOパソコンでも人気があるのは低コストだからですね。

タイトル別目安

フォートナイト Apex Legends

100fps以上を目指せる

60fps以上も目指せる
マイクラ FF14

Modを導入しなければ対応可

最高品質でもプレイ可
パルワールド Cyberpunk2077

最小要件はクリア

Xess/FSR必須

GeForce GTX 1650搭載モデルなら対応できるゲームはぐっと幅広くなります。フォートナイトやApex Legendsも設定を落とすことで高フレームレートを実現しやすいです。パルワールドは最小要件はクリアしているもののやや苦しいです。Cyberpunk 2077についてはXeSSなどのアップスケーリング技術を活用すれば60fpsを達成できる可能性があります。

GeForce GTX 1650のベンチマーク一覧

Fire Strike

gtx1650-firestrike

スコアは7,997となります。GeForce GTX 1050よりも54%高く、GeForce GTX 1050 Tiよりも18%高いです。GeForce GTX 1060 3GBと比べると16%程度低くなっています。50番台のグラフィックボードとしては十分なスコアだと思います。

Time Spy

gtx1650-timespy

Time SpyはDirectX 12対応のベンチマークソフトです。GeForce GTX 1650のスコアは3,522です。GeForce GTX 1050 Tiよりも46%高く、GeForce GTX 1050よりも95%も高いです。Geforce GTX 1060 3GBとの性能差は5%弱とそれほど大きくありません。タイトルによってはGeForce GTX 1060と同等のパフォーマンスを期待できます。

FF14

ff14

gtx1650-ff14

標準品質で107.3fps、最高品質で62.0fpsとまずまずのフレームレートが出ています。負荷が軽めなMMORPGならGeForce GTX 1650でも問題なさそうです。

Cyberpunk 2077

cyberpunk2077

gtx1650-cyberpunk2077

Cyberpunk 2077になると一気にハードルが上がります。低設定でも平均fpsは46.1fps、最小fpsは36.7fpsと低いです。XeSSあるいはFSRなどのアップスケーリング技術が必須です。XeSS(パフォーマンス)の有効化で50%近くもフレームレートが引き上げられます。平均fpsは67.8fpsと十分ゲームがプレイできる数値になります。

関連記事

Related Posts

GeForce GTX 1060の性能レビュー
GeForce GTX 1060の性能レビュー
GeForce GTX 1060の性能レビューを行いました。2016年7月に発売されたPascal世代のグラフィックボードです。発売当時ミドルクラスのモデルとして高い人気を誇っていました。今でもSteamの統計でTOP 5に入るグラフ...
Read More
アップスケーリング技術で高フレームレートを実現【DLSS/FSR/XeSS etc.】
アップスケーリング技術で高フレームレートを実現【DLSS/FSR/XeSS etc.】
各社がこぞって力を注ぐアップスケーリング技術(超解像技術)について解説していきます。上記画像はIntelの公式サイト(外部リンク)から引用したものです。アップスケーリング技術であるXeSSの有効化で50%近くもフレームレートが引き上げ...
Read More
Steamとは | 世界最大のゲームプラットフォーム
Steamとは | 世界最大のゲームプラットフォーム
ゲームプラットフォームであるSteamについて詳しく解説していきます。ゲーミングPCでゲームをするならSteamのインストールは必須と言えるでしょう。それほど国内でも当たり前の存在になっています。 Steamとは世界最大のゲームプラ...
Read More