ブログ

ゲーミングPCにおけるセキュリティソフトの必要性について

ゲーミングPCにおけるセキュリティソフトが必要性について解説します。BTOパソコンを購入するとセキュリティソフトの無料体験版が付属していることもあって気になっている方は多いと思います。実はWindows OSに標準搭載の「Microsoft Defender」が優秀なので、多くの場合社外のセキュリティソフトをインストール必要はありません。Microsoft社が提供するセキュリティ対策ソフトで検知能力も高いです。信頼性も高く安心して使用できます。

一方で、パソコン初心者でネットショッピングなどで不安がある方は有料のセキュリティソフトの導入を検討すると良いでしょう。例えば、フィッシングサイトなどの詐欺サイトを見分けられる自信がない方が該当します。慣れてくるとURLを見ると変なサイトをフィルタリングできます。また、お子様が使っているパソコンの監視や制御を行いたい方にも最適です。保護者機能を活用すればコンテンツのフィルタリングや利用時間などをコントロールできます。まずはセキュリティ対策を行わない場合のリスクから見ていきましょう。

セキュリティ対策を行わない場合のリスク

セキュリティ対策を行わないとどうなるのか、そのリスク・危険性についてまとめています。OSの再インストールが必要になったり、意図せず第三者に危害を加えて加害者になったりといった可能性も否定できません。

パソコンが起動しなくなる

よくあるのがウイルス感染でパソコンが起動しなくなるリスクがあります。動作が極端に重くなって作業に支障をきたすケースもあります。再インストールが必要になるなどパソコンに慣れていない方にとってはハードルが高いです。ショップに依頼する場合も相応の費用が掛かります。

パソコンを乗っ取られて様々な弊害が出る

パソコン内部にウイルスが侵入して乗っ取られる可能性があります。メールの送受信やハッキングなどによる被害を受ける可能性があります。あなたのパソコンを起点に他のユーザーに対してハッキング行為を行われると間接的に加害者になってしまいます。もちろんあなた自身が逮捕される可能性は低いと思いますが、事情聴取の対象にはなるでしょう。そうなると貴重な時間が失われることになります。

個人情報・機密情報が流出してしまう

パソコンには様々な個人情報及び機密情報があると思います。ウイルス感染によってこれらの情報が外部に流出してしまう可能性が出てきます。企業の情報流出もウイルスに関係していると言われることもあるぐらいです。重要な情報を取り扱うパソコンと普段使うパソコンを分けるというのも対策の一つになります。

セキュリティ対策ソフトを比較

Microsoft Defenderは、Windows OSに標準搭載のセキュリティソフトです。基本的なウイルス対策機能を有していて通常はこれだけで問題ありません。アバスト無料版は無料ながら高いウイルス対策性能を持っています。

ノートン360及びウイルスバスタークラウドは有料です。パスワード保護機能及び保護者向け機能を利用するにはエントリーグレードでは対応できずスタンダードグレード以上を選択する必要があります。1つ購入すれば複数台に利用できるのはメリットだと言えます。サポートがあるのも有料セキュリティソフトならではです。

有料セキュリティソフトの強み

高い防御性能を持つモデルもある

上記は第三者評価機関であるAV comparativesが発表している各セキュリティソフトのパフォーマンス(実世界での保護テスト)です。黒い部分だけのグラフが理想です。オレンジ色はリスクにさらされたことを意味します。線グラフは誤検出のことです。Trend Microは誤検出がやや多い結果です。

Microsoft Defenderも高いスコアが出ていますが、Nortonやトレンドマイクロなどの有料ソフトはより高いスコアを出しています。また、無料のアバストもトップクラスのパフォーマンスを持っています。防御性能を突き詰めたいなら有料セキュリティソフトは魅力的な存在になり得ます。

電話でのサポートを受けられる

電話でのサポートを受けられるのもメリットの一つです。ウイルスに感染したり、なにか不安なことがあったりすればすぐに相談できます。インストール方法や設定方法についてもアドバイスをもらえます。あまりパソコンに慣れていない方にとってサポートがあることで背中を押してもらえるのではないかと思います。

パスワード管理など機能が充実している

パスワードの保護機能・保護者向け機能などセキュリティ関連の機能が充実しているのも選ぶ理由になると思います。特に保護者向け機能は有料ソフトならではです。無料ソフトではこれらの付随機能が削られる傾向にあります。お子様のインターネット閲覧時のコンテンツ制限や利用時間の制限などをかけることができます。教育上も有益ではないかと思います。

評価の高いおすすめセキュリティソフトを紹介

Microsoft Defender

Microsoft Defender

Windows OSに標準搭載のセキュリティソフトです。Microsoft社が提供していて安心感があります。昔はそこまでセキュリティ性能が高いわけではありませんでしたが、ここ数年は有料セキュリティソフトと比べても見劣りしない水準にあります。

アバスト無料版

アバスト無料版

アバストは元々はAvast Software社(チェコプラハ)が提供しているウイルス対策ソフトでした。2021年8月に次に紹介しているGen Digital Inc.によって買収されています。無料ソフトながら高いセキュリティ性能を有しています。機能面も充実していて無料版でも通常のウイルス検出機能に加えてパスワード保護機能を利用できます。Microsoft Defenderよりも実世界でのパフォーマンス評価は高いです。無料なのが嬉しいですね。

ノートン360

ノートン360

ノートンは、アメリカアリゾナ州に本社を置くGen Digital Inc.が開発・販売しているセキュリティソフトです。日本法人は株式会社ノートンライフロックです。セキュリティ面での評価も高く有料ソフトの中でも頭一つ抜き出ています。サポートは平日10:00-19:00となります。

ウイルスバスタークラウド

ウイルスバスタークラウド

ウイルスバスタークラウドは、日本に本社を置くトレンドマイクロによって提供されているウイルスソフトウェアです。創業はアメリカで外国投資家比率が高いため外資系企業と捉えることもできます。ウイルス対策ソフトとして十分な機能を持ち評価されています。サポート期間が全日9:30-17:00となっているのが強みです。土日でも対応してもらえます。

関連記事

Related Posts

GeForce GTX 1650の性能レビュー
GeForce GTX 1650の性能レビュー
GeForce GTX 1650の性能レビューを行いました。2019年4月に発売されたTuring世代のグラフィックボードです。ゲーミング性能はそれほど高くなく、フルHDでも設定を下げる場面が多くなります。一世代前のGeForce G...
Read More
Core i7-7700の性能レビュー
Core i7-7700の性能レビュー
Core i7-7700の性能レビューを行いました。Intel第7世代の上位モデルで2017年1月に発売されたCPUです。4コア8スレッドとスペックはそこまで高くありません。現行モデルならCore i5でも10コア16スレッドとなって...
Read More
GeForce GTX 1060の性能レビュー
GeForce GTX 1060の性能レビュー
GeForce GTX 1060の性能レビューを行いました。2016年7月に発売されたPascal世代のグラフィックボードです。発売当時ミドルクラスのモデルとして高い人気を誇っていました。今でもSteamの統計でTOP 5に入るグラフ...
Read More